イ反の日記

2014-10-19

[]鎌倉ハイキング 22:53

彼女とアンニュイに支度。

昨夜観た、四月は君の嘘の第二話があまりにも面白く、2回目を観てたり。

※土日の予定次第で泊まってもらったりしている状態。

鍵は渡しているので、気が付くと調味料が増えてたり。


北鎌倉にてまずは生花を買いに。

彼女の言葉を聞かず、自分の勘で花屋に向かい失敗。

駅前を往復しました。。駅の大通り側、右折すぐにありました。


彼女の祖父に挨拶。墓前です。

鎌倉にして、観光向けにしていない、立派なお寺。

住職のお母様にご挨拶し、住職や彼女の祖父の縁などを聞きます。

境内の雰囲気の良さにも感激しつつ、

f:id:kari_to_seisiki:20141019120203j:image

彼女の育ちの良さを改めて認識。


再出発で天園ハイキングコースへ。

f:id:kari_to_seisiki:20141019125754j:image

f:id:kari_to_seisiki:20141019141640j:image


途中、カップ麺とお湯を持ってきたのに、箸がないことに気が付きます。

竹を折り、皮を剥ぎ、良く拭きとって箸代わりにします。

f:id:kari_to_seisiki:20141019143139j:image

f:id:kari_to_seisiki:20141019144234j:image

「箸綺麗になった?」と自分。

「これはただの竹!」と彼女。

途中で竹を箸の認識に変えた自分と、変えなかった彼女の差がツボでした。

冷静になり、ふられないか本気で不安になりました。

その後笑って?許してくれました。


f:id:kari_to_seisiki:20141019152639j:image

f:id:kari_to_seisiki:20141019154625j:image


彼女が使用する木の杖を青年に奪われたり。

付き添いがいないのを見るに、軽度の精神障害(お前のものは俺のもの、という認識とか)かな?

利発そうな方の意外な行動でびっくりしましたが、金属杖の使用者が一杯いる中狙われたのは、木の杖がいかしすぎたのだ、という笑い話に置き換えました。


小町通りでは来客用の箸を探したり。

木の棒を探し求める一日でした。


某フレンチにてディナー。

f:id:kari_to_seisiki:20141019183218j:image

f:id:kari_to_seisiki:20141019190232j:image

f:id:kari_to_seisiki:20141019193646j:image

ディナータイムにしてはお安く、個室を貸切り、味もいい。

昼食の野性味と比べ、真逆な食事になりました。

食べログの評価は低めで、隣の、テラスがおしゃれなお店は評価高め。

食べログの評価は参考にしつつ、自分の五感を頼りに判断すべし、と感じた一件でもありました。