イ反の日記

2012-02-23

[][]カーナビ実験 21:20

小道中心に迷わず走れるかと、バッテリの持ち具合の確認で、以下のルートで走ってきます。

○km道なり、なんてのが分かっているところなら、一旦電源落とすけど、入れるタイミングや、GPS受信再開までの所要時間なんかも、確認しておきたい。

実走結果。


と、いう事で、小道含め、ほぼ再現できました。

以下、感想を。(手順はまた別にまとめます)


ルートラボで作成したルートを、轍にて200ポイント以下に変換。

このポイントが厄介で、単にルートを形成するためだけのものと思っていましたが、見た目通りフラグが立ち、そこについての案内が発生します。

今回は約20kmほどの走行なので、100mに1ポイント。

100~50m手前で案内が開始されるので、常にナビがしゃべっていてうるさいです。

肝心の右左折ポイントを聞き逃しかねないレベル。

1kmにつき、1.2ポイントがよさそうです。


頻繁な案内のせいか、30分程度で本体バッテリ切れ。

外部バッテリと10cm程度のUSBケープルをハンドルに取り付け走行再開。

外部バッテリ装着後は、電池切れまで行きませんでしたが、カタログスペックを大きく下回るのは確かです。


また、以前から感じていることですが、カーナビを見ていると、道覚えがよくないです。

サイクリングの醍醐味に、知らない道のワクワク感、知っている道につながった時の安堵感があると、自分は思っています。

カーナビだと、そのへんがあんまり無いです。


とうことで、バッテリや、道覚えとのバランスで言うと、

紙地図は別途持つべき。

○km先で、目印がないが右折が必要とか、○km先の路地裏のお店に行くとか、そういう場合には、サイコンに表示された距離をみつつ、要所で電源を入れればいいと思います。


ちなみに、久々に、近場で知らない道を走って、結構楽しかったのは確か。

未開拓の川沿い道が結構あるようなので、経由地の数を調整して、いろいろ開拓して行きます。


メモ

千葉方面へのアクセスに関して、15号以外のルート開拓時に使えそう。

京急とJRの間のまっすぐ道、旧海岸通りなどを、ひと通り走行する。

呑川が、自由が丘、オリンピック公園方面への抜け道に使えるか?

57号と鶴見川CR以外の、第三のルートの検討。


[] 00:28

tntさんの絵が、いつのまにやら、いわさきちひろ氏の絵柄に近づいてた。

htt://aaaazzzz.blog47.fc2.com/

あ、2/1あたりから、意識してそうしてたのか。

素敵な絵のわりに、コメントが真面目なようでふしだらだったりで、とてもシュール。


将来的には、たかちみ氏と、いわさきちひろ氏の真ん中くらいの絵を、描けたらなと思う。


そんなん言いつつ、投下。

f:id:kari_to_seisiki:20120223002636j:image