イ反の日記

2010-01-31

[]鶴峠へ 18:23

まず結論から。

139号が土砂崩れによる通行止めということで、松姫峠はお預け。

鶴峠を走り、奥多摩湖の北側を抜けて帰ってきました。

ルートは↓。


大きな地図で見る


8:45起床

9:30出発

 この時点で3時間半の予定押し。

 前日寝しなに絵の練習していたらどんどん時間が過ぎてた…

今回から既知の道は本気で、未知の道はのほほんで行く方針で。

本気で漕いでたのに、八王子でロードさんに抜かれそうになったけど、大垂水でちぎる事ができました。

ロード相手に上から目線か?というのもあるけど、クロスだからという理由で負けを認めるほど、シラスへの情熱は低くないのです。


上野原にて33号に。

f:id:kari_to_seisiki:20100131182807j:image

ここからのほほんと。


前回混乱した辺り。

f:id:kari_to_seisiki:20100131182806j:image

このルートで来れば、どっちに行くべきか分かりやすいです。

今回は18号、小菅方面へ。


神社社務所撮影

f:id:kari_to_seisiki:20100131182805j:image

よく神社仏閣を撮りますが、神社が好きというより、古めかしさや生活感のあるものに惹かれて、撮影してしまいます。


毎回欠かさずやる渓流での撮影

鶴川でもやってきました。

f:id:kari_to_seisiki:20100131182802j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100131182801j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100131182800j:image

今回は厳しかったです。

SPDの特性を活かし、シラスを杖代わりに何とか降りました。

登るのはこれまた大変でした。

もうやめておくか…


11%ありました。

f:id:kari_to_seisiki:20100131182759j:image

ただし、きついと感じる箇所は一部で、おまけに交通量もかなり少なくとても走りやすいです。


びりゅう館にて。

f:id:kari_to_seisiki:20100131182758j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100131182757j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100131182756j:image

ここもそうですが、(おそらく)非チェーン店コンビニ個人商店などがあり、カロリーをとるポイントはありました。

ただ、できれば藤野セブンで買い物しておくのが無難だと思います。


こういう風景好きです。

f:id:kari_to_seisiki:20100131182925j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100131182921j:image

坂の上の住人は、知らず知らずに屈強なクライマーになっている可能性大です。


道路貸しきり状態。

f:id:kari_to_seisiki:20100131182924j:image

で、前に見えるのが攻略すべき山です。


坂がきつくなってきた。

f:id:kari_to_seisiki:20100131182920j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100131182919j:image

のほほんスピードなのにきつい。


が、ほどなく頂上:鶴峠。

f:id:kari_to_seisiki:20100131182918j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100131182917j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100131182916j:image

残念ながら、眺望はそれほどでもないです。(マップにも書いてありました…)


ものすごい斜度を下り、Y字路で右に反れ奥多摩湖方面に。

原始村というところに。

f:id:kari_to_seisiki:20100131182915j:image


ここを越えて突き進むと139号に。

通行止めが一部区間なのか、全面なのか気になってました。

全面だと、どれだけの峠を戻らなければいけないのかとどきどきでした。

f:id:kari_to_seisiki:20100131182913j:image

なんのことはなく、走行可能でした。

電子表示板にも、通行止め情報が出ていなかったので、対応完了したのかも知れません。

出発も遅く、体力もなくなってきたので松姫峠に戻るのはなしで。

ちなみに、軍畑・成木間も通行止めになっていました。

この時期サイクリストを見ないわけです。

賢明な方はこの時期別の練習方法に移行しますよね。


奥多摩湖、凄く綺麗です。

f:id:kari_to_seisiki:20100131183024j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100131183023j:image


やっと知っている道に合流。

f:id:kari_to_seisiki:20100131183021j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100131183020j:image

奥多摩周遊道路二輪車通行禁止の標識が出ています。


知っている道に出たら、超本気モード

多分今までの練習で一番追い込んだと思います。


しんどくなってきたので奥多摩ビジターセンター前で休憩。

f:id:kari_to_seisiki:20100131183014j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100131183007j:image

まだまだ知らない山があるようですが、自転車で行ける所はだいたい行ったかなぁ。


宮ノ平駅にて、超本気モードでのゴール。

f:id:kari_to_seisiki:20100131183004j:image

ここから青梅市街にかけて混み始めるのと、多摩川CRに入るので追い込んだ走りはやめます。

平均速度は29.5km/hでした。

うーん、鶴峠からの下山最中撮影をしていなければ30km/hもできたかと。

実際、奥多摩湖からは40km/h前後で終始走ってました。

下りが多いですが。

平地巡航38km/h越えの取っ掛かりを得た気がします。


多摩川にて。

f:id:kari_to_seisiki:20100131183000j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100131182951j:image

ぼろぼろになりながら、どうにか帰ってきました。

今回はいい練習になったし、景色も楽しめました。

切り替えをした走りをするという、今回からの方針はなかなかよさそうです。


この時期にやれるコース開拓はだいたいやったかな。

松姫峠、大峠、日原鍾乳洞は春先にとっておきます。

梅ヶ谷峠は走行イベントのコースに無理に組み込むには斜度・標高ともに低いので外そうと考えているため、走る予定はなしです。


■チャリ旅行時のメモとして

9:30スタート

17:10ゴール

⇒所要時間 7時間40分

今回の総走行距離130.72km

⇒実質時速17.05km/h

写真撮るのを辞めて18km/h、全部平地で19km/hというところかな。

全部平地ということはそれだけ市街地を走ることになるので、劇的に上がるとも思えない。


国立~33号開始

走行時間1:36:14

走行距離40.94km

平均時速25.5km/h


■33号開始~鶴峠

走行時間1:16:49

走行距離21.96km

平均時速17.1km/h


■鶴峠~原始村~奥多摩湖~宮ノ平(奥多摩湖から本気)

走行時間1:21:53

走行距離40.25km

平均時速29.5km/h


宮ノ平多摩CR~国立

走行時間1:10:11

走行距離27.57km

平均時速23.5km/h


今回の総走行距離130.72km

通算走行距離2801.0km(イカロ)

通算走行距離8723.8km(シラス:今回使用車)

体重58.0kg

体脂肪率11.8%

~紫穂~~紫穂~2010/02/01 19:20お疲れ様!!
すっごい速いね!
良いコースだね、いってみたひ。
九州縦断のときは疲れた紫穂やフィリさん・クマちゃんをどうか引っ張ってくださいね^^
僕らたぶん ボケー・・ ってなってると思うのでww

kari_to_seisikikari_to_seisiki2010/02/01 21:17奥多摩湖~宮ノ平は頑張ったよ。
肺と太腿が限界でした。
うん、肝心の頂上の景色は微妙だけど、道中は交通量はなく走りやすいし牧歌的でなかなかなコースでした。
今後もどんどん開拓して、紹介していきたいところです。

はいさ、引っ張っていくよ。
直前まで32Cで、当日はJETFLY+25Cで快走する作戦です。