イ反の日記

2010-01-24

[]シラス復活企画 18:33

シラス復活ということで、それなりのコースを走ろうと和田峠に行ってきました。


和田峠ルートは3つあります。

醍醐林道経由(前に行ったルート)

 舗装されているがメンテはされていない

 距離が長い分傾斜は低い

 関係車両以外入らず安全

 自然が多い

藤野から目指すルート(今回のルート)

 極端に急な傾斜はない

 路面の水も少なく安全

八王子から目指すルート

 路面に水があり、スリップに注意する必要がある(下り時)

 タイムトライアルがおこなわれるルート

 タイムトライアル区間は

 峠から3.6km手前の陣馬高原バス停、売店跡柱↓~和田峠石碑前


大きな地図で見る

 平均10%以上、最大18%の傾斜があり、チャリ屋のメッカ


2度もきてて、正ルートを通らなんだ…

次はやります。


6:30出発のはずが起きられなかった。

どうも、0時を越えての練習などでかなり体がへばっているらしい。


10:30出発。

垂水を越えて藤野駅へ。

12:00藤野駅到着。(撮影のため)

f:id:kari_to_seisiki:20100124183647j:image

行き過ぎているので、信号一つ分引き換えし、トンネルを抜けて和田峠を目指します。


途中、道を間違えました。

f:id:kari_to_seisiki:20100124183645j:image

変に右折したのがまずかった。

余計な1kmの登坂をやってしまった…

陣馬山登山道とあったものの、歩行者用のものです。

(歩行以外の登山方法は?っていうと、そもそもないけど)


なぞの遊具?オブジェ?を見つける。

この寂れ具合が、最後にやったギャルゲー:てんしのかけら↓を思い出し、侘しくなる。

http://mirror.fuzzy2.net/i-o/tenkake/taiken.html

f:id:kari_to_seisiki:20100124183644j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100124183643j:image


直進していれば、ちゃんと看板和田峠にいけます。

f:id:kari_to_seisiki:20100124183642j:image


途中、川遊び。

f:id:kari_to_seisiki:20100124183641j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100124183638j:image

シラスが頑張っているようにみえるけど、コケの生えた石の上でSPDシューズで踏ん張ってました。

滑って川に落ちると凍えるので必死。


ルートといっているのに、13%もあります。

f:id:kari_to_seisiki:20100124183634j:image

十分辛いです。

参考にしたページの主は自分よりかなり強そうです…


峠に到着。

f:id:kari_to_seisiki:20100124183632j:image

交通事故か、滑落か?救急車が来てました。

おそらく交通事故

売店関係者(?)の方が道路の状態について愚痴を言ってました。

タイムアタックするにも、安全第一が大事です。


シラス復活企画で和田峠に、と書きましたが、実際は陣馬山山頂がメインデッシュです。

もちろん、DEOREクランク付けて、下の売店に置いておくなんてことはしません。

担いでいきます。

こんなことしているから、職場で「いつか死んじゃいますよ」と諭されたりするんだよなぁ。

というか、地図では100mくらいのものと思ったのに、700mもあったのは誤算でした。

(ついでに言うと、登ったり降りたりして撮影しているので実質800mになってます)

さすがに、700mあると知っていたらこんな暴挙には出ません。

f:id:kari_to_seisiki:20100124183714j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100124183719j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100124183630j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100124183737j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100124183724j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100124183736j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100124183735j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100124183730j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100124183725j:image

f:id:kari_to_seisiki:20100124183726j:image

馬のオブジェが卑猥だった。

高尾山、御岳山に並んで身近な山のせいか、ビギナー登山者が多いです。

普通に登っているだけでヘロヘロな様子なので、チャリ担ぎながら追い越すわけですが、ギョっとされました。

DH系のMTB乗りさんは、こういうのが日常茶飯事なんでしょうか。


国立藤野和田峠

走行時間2:17:32

走行距離48.47km

平均時速21.1km/h


和田峠四谷町~国立

走行時間1:14:16

走行距離32.35km

平均時速26.1km/h


通算走行距離2801.0km(イカロ)

通算走行距離8411.3km(シラス:今回使用車)

ふぃりっぷふぃりっぷ2010/01/24 20:47お疲れ様です。陣馬山登ったんですねーw
僕も3年ほど前に登山トレとして高尾~陣馬を歩いたりしてました。帰りのバス待ちで山下屋にはお世話になりますね。
っていうか和田峠ってそこだったのかー。
MTBなら陣馬から高尾山まで登山道通って帰れそう。

kari_to_seisikikari_to_seisiki2010/01/25 00:35コメントどもです。
ですよ、和田峠=陣馬山です。
登山にも、ヒルクライムにもメジャーな所というわけです。
やれそうですか。MTB乗りはすごいね~
トレイルしている光景をみてみたいものです。
山下屋ね、食料調達場所として抑えておきます。
他の峠ほど陸の孤島にならないけど、食料買い逃して突入するとしんどいからね。

BrunelaBrunela2013/02/03 08:03You get a lot of respect from me for wrtinig these helpful articles.

hxxafdhxxafd2013/02/03 23:07ZtiyNO <a href="http://wqdwmtcjznzk.com/">wqdwmtcjznzk</a>

gvwixgsgvwixgs2013/02/05 18:22xxXZxb <a href="http://ydbgwejhtedq.com/">ydbgwejhtedq</a>